【FZS25】ライダー慣らしプチツーリング++

お買い物,一人ツーリング部,装備FZS25,ヤビツ峠,宮ケ瀬

さて、と。
無事FZS25も納車されまして、久々にまぁまぁな天気の週末でございます。

すわツーリングじゃーっ!と行きたいところですが、まずは新しい車両に自分が慣れないといけません。
なんと言いますか、普通の人より運動神経・平衡感覚・体幹がアレなもんで、ライダーに慣らしがいるんですよ慣らしが。


というわけでまずは近場に走りに行こうと思うんですが、先日取り付け忘れちゃったアレを取り付けなければなりません。
アレですよ、アレアレ。
タンクバッグ。

これまで使ってきたタンクバッグ(マグネット式)。これまで使ってきたタンクバッグ(マグネット式)。

これまではマグネット式のタンクバッグを使ってきたんですが、新たな相棒のFZS25は燃料タンクがプラスチックカバーで覆われているタイプなんですよね。
最近増えてるやつ。
で。
当然マグネット式のやつは使えないのでどうしようかなぁと悩んでいたら、ドッペルギャンガーから神アイテムが出ているのを発見!


車体に専用のベースをベルトで取り付けておいて、それにバジバジ(マジックテープ・ベルクロ)で固定するという作りです。
すごい。
そして何よりこのお値段…。
怪しい中華製品とかじゃなくてドッペルギャンガーですよドッペルギャンガー。
速攻迷わずプライムに購入して取り付けちゃいました。

まずは専用ベースを車体に取り付けるじゃろ?まずは専用ベースを車体に取り付けるじゃろ?

そしたら後はマジックテープでバッグをこう。そしたら後はマジックテープでバッグをこう。

うむ。固定強度は十分。
そしてかっちょいい。
マグネット式みたいにしょっちゅうつけたり外したりという訳にはいかないですが、全くもって問題なし。

ありゃ?防水カバーがついてないなーと思っていたら、なんと本体がもともと防水設計。
文句のつけようがないですわ。

で、初回出撃準備が完了したFZS25がこちら。

サリーガードは撤去しました。サリーガードは撤去しました。

よしよし。可愛さ抜群。よしよし。可愛さ抜群。

タイヤはSOXさんにお願いして、納車時にIRC RX-02に履き替えさせてもらいました。
インドタイヤはちょっと苦手なので御座いまして…


さて。
プチとは言っても初めてのツーリングになりますので、やっぱし慣れた所が良いよね。
というわけで困ったときの宮ヶ瀬でございます。
その後はヤビツ峠を抜けて246経由で帰宅しましょうか。
というプラン。

ハイ着きました、宮ヶ瀬。

宮ヶ瀬 鳥居原園地。人は少なめ。カップルも少なめ。バイクは多め。宮ヶ瀬 鳥居原園地。人は少なめ。カップルも少なめ。バイクは多め。

ちょっと雲がちな天気ですが、涼しくてヨシ!ちょっと雲がちな天気ですが、涼しくてヨシ!

湖面も凪いでいい感じですが、もちょっと風があったら気持ちよかったかも。湖面も凪いでいい感じですが、もちょっと風があったら気持ちよかったかも。

ふぅ。。。
ま、いつも変わらぬ宮ヶ瀬でございます。

が!
大切なのはそこに至るまでの道、走りなわけです!

いやー、良いですよFZS25。
エンジンが粘りまくるので、山道なんか楽しいったら無いです。

がが!
一番すごいと思ったのは、シートに座って走り出すと、いつの間にか自然にと言うか勝手にちゃんとした姿勢になってるんですよ!
なのでいやーな疲れが出ません。
腰がウズウズしたり痛くなったりしません。

いやー、こいつはゴイス。
シートもいい感じでお尻も痛くなりませんでしたので、もうどこまでも行けちゃう気分ですな。

ブレーキの効き具合やタッチも絶妙。
走る・止まる・曲がるのバランスが良い、と言うより妄想通りで、自分とインドとの間に何かしらのパスが生まれたのではと感じてしまいそうです。
まぁ一方的に感じてるだけですが。

強いて予想を外した点を挙げるとすれば…
排気音が結構大きいですな!
ちょっとうるさい。
絶対FZ6より大きい。
もちょっと静かだと良いかなー。